ロービジョン外来について 



診察日時

毎月第2木曜日 14時〜(完全予約制)

担当医

杉原友佳


 

日常生活の中で見えづらい、眩しい方のための専門外来としてロービジョン外来を開設いたしました。
ロービジョンとは眼鏡を使用してもぼやけて見える、眩しくて見えにくいなど視力や視野の障害があり日常生活に困難を感じる状態です。
またロービジョンケアとは、その人が持っている視機能を活用して、仕事・学業・日常生活を継続できるように支援することです。
 
補助具や日常生活に役立つ機器を用いて積極的に眼を使い生活の質(QOL)を高めましょう。ゆっくりと話をうかがいながら視機能を評価し、見たいものをより快適に見えるようにご支援したいと思います。

完全予約制にしております。初診の方はまず一般外来を受診なさってください。

 

補助具の紹介


【拡大読書器】
文字や写真を最大40倍まで拡大することができます。
携帯型の拡大読書器もあるので持ち運びができます。

据置型拡大読書器
TVモニタに拡大した文字を映します。
携帯型拡大読書器
室内ではもちろん外出時にも使用できます。
 

【ルーペ】
日常生活状況に合わせて倍率・型式を使い分けることをおススメします。
倍率は1.5倍〜12倍までありますので用途に合わせてご紹介いたします。

 

【遮光眼鏡】
日常生活で眩しいと感じるかたにオススメします。
屋外用と屋内用を使い分けることにより眩しさが軽減します。